『35歳の少女』【2020年秋ドラマ】

『35歳の少女』6話のネタバレ感想!望美と結人の同棲生活はどうなる?

更新日:

ドラマ『35歳の少女』【2020年秋ドラマ】イメージ図

35歳の少女』は、柴咲コウさん演じる、事故に遭い25年もの間眠り続けていた女性・望美が、

心は10歳のまま、35歳になった自身と向き合い、成長していく姿が描かれています。

また、望美の事故により、バラバラになってしまった家族の変化も注目です。

6話では、望美結人の”幼い同棲”が始まります。

動き出した二人の恋の裏で、結人は教師への復職に苦戦します。

また、仕事を辞めた愛美や進次は今後どうなっていくのでしょうか?

ドラマ『35歳の少女』6話

  • ネタバレ
  • キャスト
  • 視聴された方の感想
  • 見逃し動画を無料で観ることができるサイト

などについてまとめました。

ドラマ『35歳の少女』6話のキャスト

 望美(のぞみ)役…柴咲コウ

 

この投稿をInstagramで見る

 

柴咲コウ (@ko_shibasaki)がシェアした投稿 -


《役どころ》
不慮の事故で、10歳から25年間眠り続けていた女性。

体は35歳、心は10歳のまま。

望美(幼少期)役…鎌田英怜奈

 

この投稿をInstagramで見る

 

ゆちゃ(@yuchiya5)がシェアした投稿 -

 広瀬結人(ゆうと)役…坂口健太郎

 

この投稿をInstagramで見る

 

坂口健太郎(@sakaguchikentaro117)がシェアした投稿 -


《役どころ》
望美の小学校のクラスメイトで初恋の相手。

小学校の教師になったものの、ある事件をきかっけに退職した。

自信のなさを隠すため、常に他人には上から目線と批判で自分をなんとか保っていたが、望美との再会で、自分を見直していく。

時岡愛美 役…橋本愛

 

この投稿をInstagramで見る

 

橋本愛(@ai__hashimoto)がシェアした投稿 -


《役どころ》
望美の3歳下の妹。大手広告代理店の営業部で働いている。

一見、仕事のできる美人だが、メンヘラのかまってちゃんタイプで恋には不器用。

姉の事故により一変した家族を取り巻く環境に、『自分は姉の代わりになれない』と苦しむようになり、姉の目覚めも素直に喜べずにいる。

 今村進次役…田中哲司

 

この投稿をInstagramで見る

 

dew(@sonyaruri05)がシェアした投稿 -


《役どころ》
望美の父。

娘の事故の後、壊れていく家族・徐々に狂っていく夫婦の歯車に対して、優しいがゆえ何もできずに背を向けてしまった。

 今村加奈役…富田靖子

 

この投稿をInstagramで見る

 

【公式】TBS系列火曜ドラマ「私の家政夫ナギサさん」(@watanagi_tbs)がシェアした投稿 -


《役どころ》
進次の再婚相手。息子を連れた子連れ再婚。

控えめで穏やかな性格で、進次が前の家庭に未練があることに感づきながらも、何も言えないでいる。

 今村竜也役…竜星涼

 

この投稿をInstagramで見る

 

竜星涼(@ryo_ryusei)がシェアした投稿 -


《役どころ》
そこそこの企業に就職したものの、いじめが原因で2年足らずで退職してから引きこもっている。

相沢 秀男役…細田善彦

 

この投稿をInstagramで見る

 

dew(@sonyaruri05)がシェアした投稿 -


《役どころ》
愛美が勤務する大手広告会社の営業部課長。

愛美と付き合っていたが、重すぎる愛にうんざりし別れたあともストーカーまがいの追い回しを受ける。

 林田 藤子役…大友 花恋

 

この投稿をInstagramで見る

 

大友花恋(@karen_otomo)がシェアした投稿 -

スポンサーリンク


《役どころ》
愛美の部下で、相沢の恋人。

コネ入社で、甘やかされて育ったため、周りからチヤホヤされるのは当たり前だと思っている。

 時岡 多恵役…鈴木 保奈美

 

この投稿をInstagramで見る

 

鈴木保奈美(@honamisuzukiofficial)がシェアした投稿 -


《役どころ》
望美の母。

保険の外交員をしながら、二人の娘を女手一つで育ててきた。

『いつか娘が目覚める』ことだけを信じて生きてきたが、その夢が叶った時、彼女の時計は別の方向に進み始めてしまう。

キャストの詳しいプロフィールや過去の出演作はこちら!

⇒『35歳の少女』のキャストのプロフィールやあらすじ!主題歌は?

ドラマ『35歳の少女』6話のネタバレ

 

多恵(鈴木保奈美さん)の元を離れて結人(坂口健太郎さん)の部屋で一緒に暮らすことになった望美(柴咲コウさん)

すぐにでも結婚するつもりの望美でしたが、結人は多恵たちに認めてもらうのが先だと言います。

そこで、2人とも就職先を見つけるために面接に行くことに。

教師に戻ろうと考える結人とは別に、望美は未だにアナウンサーになりたいと考えていました。

夢見る望美に、現実の厳しさを言い出せない結人。

面接に挑むものの、教師に戻りたい結人を採用してくれる学校は見つかりません。

焦る結人でしたが、望美が元気づけるのでした。

その頃、会社を辞めた愛美(橋本愛さん)は、グラフィックデザイナーになりたくて職探しをしますが、ことごとく断られてしまいます。

お酒のトラブルでクビになってしまった進次(田中哲司さん)加奈(富田靖子さん)に追い出されてしまい多恵の家に行きますが、追い返されてしまうのでした。

愛美から連絡を受けた結人は、部屋に来るように誘います。

訪れた愛美に、家に戻って多恵と暮らしたいんじゃないかと言う望美。

自分の心のうちを読まれた愛美は、意地を張って反論し怒って帰ってしまうのでした。

一方、達也(竜星涼さん)から呼び出された進次が家に戻ると、部屋の中は散らかり放題。

さらに加奈は部屋の中に引きこもって出てこないとのこと。

部屋の扉の前で仲直りしようと声をかける進次でしたが、家のチャイムが鳴ると速攻出て来る加奈。

ですが、荷物を受け取るとまた部屋の中に戻ってしまいます。達也の話では、ネット通販で毎日買い物をしているとのことでした。

自分は結人と幸せなのに、家族がバラバラなことに悩む望美。

家族のために何かしたいと思った望美は、豆腐を買ってきたかと思うと多恵の家に行きます。

進次と愛美も一緒に多恵の家を訪れた望美は、みんなでまた豆腐を食べて仲直りしようと言います。

さらに、進次と愛美もまたこの家でくらせばいいと言い出す望美。

すると、その提案を受け入れる多恵でしたが、代わりに望美も家に帰ってくるようにと言う多恵。

自分は結人と幸せに暮らすと答えますが、結人は望美のために我慢をしていると指摘する愛美と多恵。

アナウンサーになれないということも、望美を傷つけないために言えないでいるのだと説明します。

愛美は望美のしていることは自分のこれまでの罪滅ぼしで余計なことだと言い「あの時、死んでくれればよかったのに」とまで言い出します。

進次が愛美の頬を叩くと愛美はそのまま出て行ってしまい、望美もまたショックで出て行ってしまうのでした。

帰宅した結人は、望美が家にいないため心配して電話をしますが繋がりません。

多恵に聞くとかなり前に帰ったと答え、訳は本人に聞くようにと言います。

外に探しに出たものの見つからず、家の前まで戻ってきた結人。

そこに望美から電話がかかり、アナウンサーになれるか正直に言って欲しいと聞く望美。

それに対し結人は答えにくそうに「無理だと思う」と答えるのでした。

その時、近くの音が電話口からも聞こえたため部屋の中にいると察した結人は、部屋に戻って望美を見つけます。

自分は死んだ方がよかったのかもしれないと言う望美に、アナウンサーになって欲しい気持ちはあるし応援もしたいけど何もしてやれないと話す結人。

「でも、なにがあってもおまえのそばにいる」と言うと、笑顔を見せる望美。

結人も笑顔になり、望美に近づいてキスをするのでした。

 

その他のストーリーのネタバレやゲスト情報はこちら!

 放送日 
1話2020年10月10日1話のネタバレや感想⇒
2話2020年10月17日2話のネタバレや感想⇒
3話2020年10月24日3話のネタバレや感想⇒
4話2020年10月31日4話のネタバレや感想⇒
5話2020年11月7日5話のネタバレや感想⇒
6話2020年11月14日6話のネタバレや感想⇒
7話2020年11月21日7話のネタバレや感想⇒
8話2020年11月28日8話のネタバレや感想⇒
9話2020年12月5日9話のネタバレや感想⇒
10話10話のネタバレや感想⇒

ドラマ『35歳の少女』6話の感想

6話は望美の優しさが更なる家族の崩壊を引き起こしてしまって可哀想でした。ただ結人にあんなに真っ直ぐ愛されていて羨ましいなと思いました。早く二人の関係がみんなに認められてほしいと思います。 《 20代 女性 》

6話を見ていて一番キュンときたのは、結人が望美に言った「けど俺はこれから何があってもお前の側にいる。どんな事があっても離れない!」というセリフでした。その後のスゴく優しいキスも素敵で、とても良かったです。 《 40代 女性 》

アナウンサーになりたい気持ちは望美が小学生の頃の事で止まったままの思考と時間と共に進んでしまう身体の細胞組織の老朽化は止められず、ほとんどの新規採用や中途採用も年齢制限があると望美が気付いていないのと、頑張れば全ての夢が叶うと信じている所が少女のままで、知識の教え方をある程度は誰でも知っているけれど、出来ない理由を話し伝える事はなかなか難しく、望美の精神はまだ10年しか人生を経験していないだけに難しいなと思いました。 《 30代 男性 》

アナウンサーを目指す35歳は小学校中退で、父親と妹は職安で出会ってしまう崩壊した家族。それでも25年前のように戻って欲しいと願う純粋な彼女の想いは、不幸に感じられてしまいます。空白の時間、様々な苦悩や挫折、失望などを知らない無垢な心の35歳は、幸せなのか?考えさせられる問題でした。 《 50代 男性 》

ドラマ6話、面白かったです。今回も達也のTシャツの文字が気になりました。望美が夢と現実の間で悩む姿も印象的でした。家族もそれぞれが悩みを抱え、皆の笑顔を取り戻そうとしますが、愛美にもひどい事を言われ、傷つく望美には胸が痛みました。支えてくれる結人の言葉、ラストシーンにはドキドキしました。次回も楽しみに観たいです。 《 30代 女性 》

やっと少しずつ解決してきたかと思いきやストーリーがどんどん複雑になっていってすごい引き込まれてしまう内容です。精神年齢も少しずつ成長はしてきているもののやはりそれなりの年月を経ることが大事なんだと思った。 《 20代 女性 》

ラストの柴咲コウの表情の演技に感動しました。みんながうまくいかない閉塞感あふれるドラマですが、望美の笑顔だけが一縷の希望です。 《 40代 男性 》

一歩一歩、小学生時代の心理を思い出させる自分史の質問者の役割をしていますね、望美さん。あー、そう言えば…。そう思うはずだ。思い当たる事があります。すると、かわいそうで、励ましたくなる事が。25年の意識なしからの生還について、「時間泥棒に時間を盗まれたと思っていたが、自分がみんなから盗んでいた」。そう気づいたと。でも、10歳の心であれば、いつまでも悲しんでいないかもしれませんね。予告編では、家族に反撃の口撃を。35歳の容姿とのギャップに驚かされなければいいんですよね?。 《 40代 男性 》

家を出たことによって望美さんが以前よりも心の面で美しくなったようなことと少しずつ成長しておとなしいになりつつあるのが感じられました。 《 30代 男性 》

家族のために何かしたいと考える望美は過保護のカホコのカホコのようでした。でも望美は家族に打ちのめされてかわいそうでした。あまりに変わってしまった家族の現実を受け入れるのはまだつらい作業ですね。 《 30代 女性 》

家族の絆を取り戻そうとした望美でしたが、自分自身が傷つく事になってしまいました。なかなか絆が取り戻せない家族関係が、いつか改善されれば良いなと思いました。 《 30代 女性 》

家族を凄く大事に思う気持ちが伝わって来ました。けれど、昔のようにはいかない切なさが見ていてかわいそうでした。真っ直ぐに生きる姿がとても可愛らしくて好きです。 《 40代 女性 》

家族皆が幸せに年を重ねることは改めて難しいことだと感じました。同じ家族でも一人一人違う人生ということですね。 《 20代 男性 》

結人が、望美にハッキリと、アナウンサーになる事はできないと伝えたシーンが印象的でした。ただ優しいだけではない結人になってくれた感じが、嬉しかったです。 《 30代 女性 》

今までは望美が成長できずにいましたが、むしろ多恵や父の方が仕事や家庭を上手くやれていなくて、子供のように感じました。 《 30代 男性 》

人を愛するということをやっと覚えてきたのかなと思わせるシーンがあって男女の関係にやっと見えたのでそれが成長だなと思いました。 《 20代 男性 》

酔っているとはいえ多恵に不満をぶちまけている進次の姿が、情けないなと感じました。そして何を言われても冷静な多恵が、怖いなと思いました。 《 40代 女性 》

多恵以外が揃って無職になってしまう展開というのは面白かったですし、ぶつかり合いながらも望美が目を覚ます前より絆が強くなっているように感じて感動するところがありました。そして結人が望美に、ずっとそばにいると言ってキスをするシーンは最高でした。これからの展開が楽しみです。 《 40代 男性 》

壁にぶち当たっているような望美が可愛そうです。アナウンサーの夢も諦めずにいてほしいです。僅かでも、何かの方法があるはずです。 《 40代 女性 》

望美(柴咲コウ)と結人(坂口健太郎)の二人が少しずつ前に歩んでいけば、光が見えてくるように思います。望美には、未来を信じてほしいと思います。 《 60代 女性 》

望美が徐々に成長するにつれて悩みも変化していくのが、本当の年齢を重ねているようで考えさせられました。パパと愛美は破滅に向かって加速しているように見えて心配です。全員、幸せになってほしいですが。 《 40代 女性 》

望美ちゃんがアナウンサーを目指しているけれど、やはりそれは年齢や学力、経歴などから難しいなと思います。でも前向きに生きていくためにも望美ちゃんの願いであるたくさんの人に出会って伝える仕事に就けるよう周りが支えてあげて欲しいと心から思いました。 《 20代 女性 》

望美ちゃんが一番かわいそうなのは分かるけど、ちょくちょく家族に対していうことが結構人事なのが気になってました。今回は厳しい現実を突きつけられて、辛いかもしれないけど、結人くんがいて良かったですね。 《 20代 女性 》

望美のキス顔がとても面白くてよかったです。望美が母親のことを考えていたのがとても優しいなと思います。 《 30代 男性 》

望美の思いが家族に届かなくってもどかしくなりました。特に愛美は歪んでいて、25年間ママに相手されなかった事がそんなに寂しかったのかと思いました。でも「あの時、死んじゃえば良かったのに!」は言い過ぎで、見てて腹が立ちました。 《 40代 女性 》

望美の心が大分成長しているなと感じました。家族関係が複雑になっているけど、今後どのように展開していくのか気になっています。それに、今回は望美と結人のファーストキスがドキドキして幸せな気持ちになりました。 《 30代 女性 》

望美は、昔のように家族を幸せにしたかったのです。でももう無理だとわかりました。自分を否定されたようで、辛かったと思います。せめて、結人だけは、望美の良さを認めて大切にしてほしいです。 《 70代~ 女性 》

望美は父親、母親、妹愛美が一緒に暮らしたら良いと提案しますが、眠っていた25年間、それぞれに葛藤があったはず。だから、お互い簡単には歩み寄れませんよね。望美がやるべきことは、結人と共に前を向いて歩むことですね。 《 50代 女性 》

望美も結人も理想論で夢を叶えようとしていたのが、今の時代には哀れな感じがしました。大卒がメインのアナウンサーになるのは流石に無理があるという感じがしました。 《 40代 男性 》

望美をはじめ、登場人物全員が現実の厳しさに討たれ、その嘆きをぶつけ合う、重たい内容だったと思います。もう少しだけコミカルで救いになるような要素も欲しかったというのが正直な感想です。 《 50代 男性 》

毎週とても楽しみにしており、録画して見ています。のぞみの家族がそれぞれの生活がどんどん崩壊していく様が、不景気やコロナの現代を間接的に表現している感じもして、現実味のある感じがしました。最初はひねくれていたユウト君も、のぞみにとても献身的になっており優しいところに胸打たれました…。いい男でした。ユウト君が優しいあまり、のぞみやその家族に振り回されている感があり、可哀想だなあと思う反面、のぞみを一途に想うところがとてもキュンとしました。のぞみの家族それぞれ、キャラがとても濃く振り切れていますが、こういう人いるよなあ、こういう状況あるよなあ、とついつい共感し見入ってしまうのが不思議でした。次回も待ち遠しいです! 《 20代 女性 》

 

『35歳の少女』6話の見逃し動画を視聴するには?

『35歳の少女』1話見逃し動画が配信されているサイトは、

このようになっています。

サイト名
配信の有無
Hulu
(一週間以内なら無料)
Hulu(会員登録)
○(会員登録で無料視聴可)
日テレ無料TADA!
(一週間以内なら無料)
Tver
(一週間以内なら無料)
FOD
×(配信なし)
U-NEXT
×(配信なし)
カンテレドーガ
×(配信なし)
Paravi
×(配信なし)

 

放送終了後、1週間以内なら、

を利用すれば、無料で視聴することができます。

会員登録は不要で、ページに移動するだけで動画視聴することができます。

 

 

また、それ以降は、

Huluで、月額933円(税抜き)で、視聴が可能です。

しかも、今なら、トライアルキャンペーン中で、

2週間月額料金が無料で、動画視聴することができます。

また、Huluの一部作品には、ストリーミング機能という、

動画をダウンロードできるサービスがあり、

電波状況の悪いところでも、動画が楽しめます。

Wi-Fi環境でダウンロードしておけば、

通信料がほとんどかからず動画が楽しめます!

今まで放送された回を一気見したい場合や、

動画を再生中にCMが入るのが嫌!

電波状況が悪いところでも動画を楽しみたい!

という方におすすめです。

『35歳の少女』の見逃し動画を無料で視聴する方法!あらすじやキャスト情報も!

まとめ

柴咲コウさん主演ドラマ『35歳の少女』6話

  • ネタバレ
  • キャスト
  • 視聴された方の感想
  • 見逃し動画を無料で観ることができるサイト

などについてまとめました。

最後まで読んでくださりありがとうございました。

スポンサーリンク

-『35歳の少女』【2020年秋ドラマ】

Copyright© VOD Path , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。